おわりに

お気軽にご覧いただけたでしょうか。
1998年の8月、わたしは、6年ぶりにモンゴルを訪ねました。
今回は、一行9名。妻と、娘婿のダワ−(東京の出版社に勤めるモンゴル人)の他に、妻の妹.美重さんと、その息子の健(タケ)君。友人の高野夫妻と、奥さんのお姉さん(香川)夫妻。
写真は、滞在の2週間に23本も撮っていました。その中の何枚かを「モンゴルの風」というタイトルでこんなふうにまとめてみました。
圧倒される大自然の息遣いを前半の「ウムヌゴビを行く」で、花に囲まれた美しい自然とそこに生きる人々のやすらぎや祈りを後半の「花と仏」で表現してみたかったのですが……。
たわいもないものですが、モンゴルの一端を知る一助となれば幸せです。

                      1998.11.3


もどる